ダイニングテーブルの修理

ご訪問頂き、有難うございます!


ご自宅でご愛用の、ダイニングテーブルの修理をご依頼頂きました。

ダイニングテーブルの修繕(ビフォー)

200cm × 120cm の立派なテーブルで
タモという無垢の木が使われており
ご自身で製作されたものです。(すごい!)

長年ご愛用され傷みが出てきたので
今回、天板のひび割れと反り
塗装の再仕上をご依頼頂きました。

ダイニングテーブルの修繕(ビフォー2)


無垢の木で作られた家具は
汚れたり傷ついても、再仕上げをする事で
新品同様に生まれ変わります。


まず、以前の塗装を剥がしていきます。

ダイニングテーブルの修繕


大まかに、全体的に塗装が剥がれました。

ダイニングテーブルの修繕2


ひび割れを取り除き180cm × 120cm のサイズに仕上げ
角を丸くしました。

スパイクの塗装・仕上げは
基本的に、お客様の健康に配慮し
自然塗料のオイルで磨き上げる
オイルフィニッシュを推奨していますが
今回はお客様のご希望で
ご自宅のインテリアやフローリングに合わせて
まず下地をウォールナット色で着色し
ウレタンニスで仕上げました。

ダイニングテーブル(アフター)

取り掛かる前の天板と比べると
目地も滑らかになり、艶がよみがえりました。

ダイニングテーブルの修繕(角)


こちらは納品の様子です。

ダイニングテーブルの修繕(納品)

お部屋の雰囲気にも馴染んでいます☆

ダイニングテーブルの修繕(納品2)


傷んだら捨ててしまうのではなく
修理をして手を入れてやれば
長年使い続ける事ができるところが
無垢の家具の良さの一つです。

使い続ける事で愛着がわき
モノを大切に扱う心も育まれます。

お客様の、家具と共に過ごしてこられた思い出を
繋ぐお手伝いが出来たこと、大変光栄です。

滋賀県湖南市 N様
この度は、有難うございました!!


スパイクでは、スパイクで購入されていない家具でも
無垢の木で出来た家具でしたら
お修理を承ります。
「大きな傷・凹みが出来てしまった」
「艶が無く、汚れが目立ってきた」
「高さや幅など、サイズを小さくしてほしい」
など、お手持ちの無垢の家具でお悩みがございましたら
お気軽にご相談下さいませ!

※家具の構造、塗装の種類、保存状態により
 お受け出来ない場合があります。


家具屋 SPIKE(スパイク)
〒524・0214
滋賀県守山市立田町1450
TEL 090・3285・7264 FAX 077・599・3630
E-mail:spike@abelia.ocn.ne.jp
https://www.facebook.com/kaguyaspike
※日中は携帯電話か、FAX・メールにてご連絡下さい

最後まで読んで頂き、有難うございます☆
Facebookに登録されている方は「いいね!」して下さると嬉しいです!
↓ ↓ ↓


ランキングに参加しています。
ポチっとクリックして頂くと、励みになります!
↓ お手数ですが、宜しくお願い致します m(_ _)m
にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント